うつ病の傾向と対策|原因の究明及び予防と対策方法

鬱病は生活の変化から発症する

カウンセリングで緩和

医者

うつ病はカウンセリングを行うことで症状を緩和させることができます。しかし、会話を誤るとうつ病の悪化や伝染し自分もうつ病になる原因になってしまうため、接し方には十分な注意をしなければなりません。

詳細

運動でうつ病を改善

メンズ

うつ病治療の一環として、運動があります。運動を行うことによりうつ病発症の原因を改善することができ、症状を緩和させることも出来るかもしれません。回復期に差し掛かったら試してみましょう。

詳細

睡眠の重要性

女の人

うつ病を悪化させる原因に睡眠不足があります。質の良い睡眠は症状緩和に効果があり、ストレスの軽減に最大限の効果を発揮します。また、予防にも睡眠は必須なのでできるだけ睡眠は取りましょう。

詳細

うつ病は脳の病気

看護師

うつ病は立派な病気

うつ病とは恐ろしい病気の一つであり、未だにその原因の全てはっきりしていません。しかし、研究を続けることにより、うつ病は心の病ではなく脳の病であることが近年判明されました。一昔前は心が弱いからかかる病気だとされ甘えだと断じられるフシもありましたが、今ではそういった認識をする人は少数派になりつつあります。うつ病は立派な病気だという認識は現在強まり、理解も生まれています。では、具体的にどんな病気なのかというのを紹介していきましょう。

原因は脳にあり

前述したように、うつ病とは脳の病気です。脳から分泌される神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンなどの分泌量が何らかの原因で減ってしまい、その結果様々な症状を引き起こすといわれています。まず、いちばん有名なのが何もやる気が起きず、落ち込んでいる状態が続くことです。これはうつ病の症状の代表格であり、うつ病=落ち込むという理解をしている人は多いです。しかし、それはうつ病の症状の一つでしかありません。他にも、暴力的な性格になったり、うまく思考がまとまらなくなったりと様々な症状が発症しまた、睡眠不足になってしまうというのもうつ病の特徴です。うつ病になると寝付きが悪くなったり、起きるべき時間よりも二時間早く起きてしまったり、小刻みに寝て起きてを繰り返してしまうようになってしまいます。その結果、どんなに睡眠時間を取ろうとも寝不足になってしまいます。これが数日ならともかく数ヶ月以上続くことになります。また、意外と知られていないのですが筋肉痛もうつ病の症状の一つです。なぜ筋肉痛が起きるのかというと、その原因はその人の精神状態にあります。うつ病が続き、緊張が続くと筋肉は常に力が入っている状態になり、こわばってしまいます。そうなった結果、筋肉に余計な負荷がかかり筋肉痛になってしまうのです。

原因は何か

なぜ人はうつになるのかというと、実際のところその原因ははっきりしていません。多くの場合はストレスによるホルモンバランスと自律神経の乱れが原因で神経伝達物質の分泌が阻害されてしまい、うつが発症するというのが一般的ですが、他にも遺伝や状況の変化、環境の変化、家族や恋人との死別など様々な要因がうつの原因になることもあります。例として、仕事場の環境が変わり、大忙しだった人が急場を乗り越え、時間に余裕が生まれた途端うつを発症したというケースも確認されています。このように、ストレスだけがうつの原因ではなく、他にも様々な原因が存在します。また、まじめな人ほど発症しやすいと言われています。責任感が強く、完璧主義な人ほど発症しやすい傾向があり、そういった人は誰にも相談せずに気持ちを押し込めてしまうことが強いため、発症のリスクは高くなってしまうのです。よって、もし自分が最近倦怠感が強かったり眠気が激しくなったり何をするにもやる気がでないなと思ったのであれば心療内科に行き、相談してみましょう。うつは症状が悪化すればするほど症状はひどくなりますが、まだ自分で行動できるようであれば早めのうちに改善が可能です。