睡眠の重要性|うつ病の傾向と対策|原因の究明及び予防と対策方法

うつ病の傾向と対策|原因の究明及び予防と対策方法

メンズ

睡眠の重要性

女の人

睡眠とうつ病

うつ病は睡眠不足が原因で悪化していきます。しかし、うつ病になると質の良い睡眠をとることが難しくなり、常に寝不足になってしまうという悪循環に陥ってしまいます。逆に言えば、うつ病悪化の原因である睡眠不足をある程度解消できれば症状の悪化もできる限り抑えることができます。また、予防に関しても睡眠は極めて重要であり、普段から睡眠不足の生活を送っているとうつ病になりやすくなってしまうため、普段から質の良い睡眠をとることを心がけておきましょう。そもそも、なぜ睡眠不足がうつ病の原因になるのかというと、睡眠不足が原因でストレスが蓄積されてしまうからです。睡眠は心身の疲労回復を行うと同時に、ストレスを取り除くためにも必要な行為であり、睡眠が不足してしまうとストレスは完全に除去できません。しかし、心身の疲れは取れているのでさほどストレスを感じず、徐々にストレスは蓄積していき、結果うつ病を発症してしまいます。よって、睡眠不足はうつ病の原因となるのです。

治療のための睡眠

一度うつになると、質の良い睡眠をとることは難しいです。発症することによって睡眠導入効果のあるメラトニンが減少してしまうからです。メラトニンが減少することによって寝付きが悪くなったり、小刻みに起きてしまったりといった症状が現れます。そのため、常に寝不足状態になってしまいます。解決策としては、心療内科の先生に相談し睡眠導入効果のある抗うつ剤を処方してもらうのが基本となります。そこから、症状が緩和され、無気力状態も大幅な改善がみられたのであれば、外に出て日光を浴びつつ散歩をしましょう。そうすることで睡眠導入効果のあるメラトニンを分泌することができ、質の良い睡眠を取りやすくなります。

予防のための睡眠

うつ病予防のための睡眠は、まだ比較的簡単に取ることができます。まず、寝る前にホットミルクを飲んで体を温めたり、寝る30分前にはパソコンやテレビ、スマートホンもみないように心がけます。そしてストレッチで体をほぐし、温めてから睡眠をとることで良質な睡眠をとることができます。他にも、耳栓やアイマスクを使うというのも質の良い睡眠を取りやすくなります。また、運動をして体を疲れさせるのは有効ですが、就寝前に激しい運動をしてしまうと体を起こしてしまうのでストレッチ程度の運動で大丈夫です。