運動でうつ病を改善|うつ病の傾向と対策|原因の究明及び予防と対策方法

うつ病の傾向と対策|原因の究明及び予防と対策方法

メンズ

運動でうつ病を改善

メンズ

運動の有効性

うつ病の改善・予防には、生活習慣の見直しが重要であり、特に睡眠と運動はうつ病予防に対して非常に効果的です。そして、運動と睡眠には深いつながりがあり、運動をきちんと行うことで睡眠にも良い影響が現れます。運動を行うことにより、脳に酸素を送り込み、脳の血行を促進させることができます。そして、運動によってセロトニンやドーパミンの分泌を促すことができます。セロトニンやドーパミンは気分の高揚感をもたらす作用もあり、うつの症状改善において強い効果を発揮します。そして、運動をすれば当然体は疲れます。そうなると、睡眠の導入も改善され、寝付きが良くなります。もちろん、1日2日では効果の実感は薄いかもしれませんが、これを一ヶ月も続けていくと効果は目に見えて現れるようになります。実際に運動とうつの解消の実験は行われており、運動をした場合は症状の改善が確認されています。そして、運動をすることにより体力がつき、うつによってなまっていた体もまた鍛え直すことが出来るので社会復帰もスムーズに行いやすくなります。

運動のコツ

運動でうつ病を改善したいのであれば、幾つかのポイントがあります。まず第一に、ハードな運動は絶対にしてはいけないということです。ハードな運動というのは、終わったあとは充足感がありますが、これを毎日続けるというのは非常に難しく、よっぽど普段から鍛え込んでいない限り確実に途中で嫌になってやめてしまいます。これはうつ病でもそうでなくても共通しています。重要なのは続けるということであり、習慣をつけることから始めていきましょう。よって、最初はまだまだ余裕がある状態で運動を打ち切り、体力を十分に残しておきましょう。そして次第に運動量を増やしていけば、次第に体も慣れていき、症状も改善していきます。また、夜中に行うのではなく、昼頃に太陽光を浴びて運動するのは有効です。日光を浴びることにより、セロトニンが分泌されやすくなり、うつの原因であるセロトニン不足が改善されやすくなります。また、メラトニンと呼ばれるホルモンも分泌され、睡眠不足の原因であるメラトニン不足も解消できます。よって、小一時間ほど陽の光を浴びて散歩をし、家に帰って少しだけ横になるというのは、うつ病の改善に大きな効果を得られます。

強制しない

もし、自分の身の回りの人にうつ病の人がいるなら、軽い散歩に誘うのは有効です。しかし、無理やり散歩に連れていくというのは絶対にやってはいけません、それが悪化の原因になる可能性があるからです。うつ病には症状が悪化している時期と、回復している時期、そして回復予防の時期の三段階があります。この時、症状が悪化している時期にしてしまうとよろしくない結果しか招かないため、気をつけましょう。心療内科の先生に相談したり、軽く促してみて乗り気じゃないならやめておきましょう。前述したとおり、矯正させるのは症状悪化の原因になるので、自発的に始めるまでは待ちましょう。